薬剤師研究職の年収相場は?

薬剤部長求人TOP >> FAQ >> 薬剤師研究職の年収相場は?

薬剤師研究職の年収相場は?

製薬会社などにおいて、新薬の研究や開発業務を行っている薬剤師もたくさんいます。製薬会社においては、とても人気のある職種であると言われているため、年々求人も注目を集めるようになってきました。また国内の製薬会社を始め、海外の製薬会社など様々な企業がありますが、平均で見てみてもお給料が高い傾向にあるため、人気があるのも当然だと言えるでしょう。土日祝日休み、年間休日120日以上など、プライベートの時間もしっかりと確保することができるというメリットもあります。

もちろん、製薬会社などの規模によって異なってくるところはあるものの、平均して500万円〜多くて1000万円だと言われています。なぜ、こんなにも年収の相場に幅があるのかと言うと、企業の規模もさることながら、残業の多さによって年収が大きく左右されるところがあるからです。研究職というのは、勤務時間が決まっていてないようなものと言われていることを知っているでしょうか。ここで終わり、と研究をしている間は勤務時間が終わったからと言ってすぐに終了させることができないからです。しかしながら、やはり一般的な薬剤師に比べると、40歳になる前にすでに1000万円以上年収をもらっている薬剤師の方もいるといいますから、仕事は多忙を極めるとも考えられます。

ただ、製薬会社の場合、福利厚生などが充実していたり社員が働きやすい環境が整っているため、多忙を極めるところがあったとしても、辞める方は少ない傾向にあります。特に女性の薬剤師の方の場合、産休や育休制度を利用し、復帰される方もたくさんいます。そして、土日休みというところは薬剤師にとってはメリットが大きいのではないでしょうか。調剤薬局で働いている薬剤師の場合、土日祝日が休みになるとは限らないですし、もちろん病院に勤務している薬剤師だって、入院患者がいると夜勤や当直を強いられることになります。つまり、プライベートの時間がなかなか確保することができないため、どうしてもストレスがたまりやすくなってしまうのです。それに加え、製薬会社に勤めている薬剤師は土日祝日休みでプライベートの時間を取りやすく、しかも年収も高いわけですから、人気があるのもうなずけます。

しかしながら、働きたいと言う方も多いため、しっかりと情報を収集し、計画を練りながら転職活動をして行くことが大切です。良い求人にはたくさんの応募者が集まります。その中の一人に選んでもらえるよう、転職エージェントを上手に活用していくのも成功への近道となるでしょう。

薬剤師の研究職求人も多数!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 薬剤師研究職求人ガイド All Rights Reserved.