薬剤師研究職の募集先は?

薬剤部長求人TOP >> FAQ >> 薬剤師研究職の募集先は?

薬剤師研究職の募集先は?

研究職に就く薬剤師の方の大半は、製薬メーカーに勤めています。一口に製薬メーカーといっても、医療用の薬を開発している企業と、ドラッグストアで販売されている大衆薬を作っているメーカーと、大きく分けて2種類ありますが、国内において、大小含め1000社近い数の製薬会社があると言われています。その中に多くの薬剤師の方が活躍されているわけですが、もちろん、すべての方が薬を研究したり開発し商品化していく研究職に就いているわけではありません。しかしながら、製薬メーカーの中でもやはり研究職というのは一目置かれる存在でもありますし、薬剤師の資格をお持ちの方の多くは研究職に憧れをもっていると言われていますから、人気があるのも当然でしょう。

薬を使って行う研究ばかりではなく、コンピューターをフル活用し理論的な視点から薬の検証を行ったりと、様々な知識が必要となります。また、近年は薬剤師の資格を取るために薬学部へ進学した学生も、調剤薬局などに勤めることを希望するのではなく、始めから研究職に就くことを希望する学生が増えてきています。しかしながら、研究職を希望するのは新卒の学生ばかりではなく、すでに何年か薬剤師として経験を積んだ社会人の方も、製薬メーカーに勤務することを希望することが増えてきているため、かなりの競争率となってきているのが現状です。

人気があるがゆえに、一つの求人にたくさんの応募者が出るということも少なくありません。また、国内の製薬メーカーともなると狭き門となり、書類選考の時点で落とされてしまうケースも多いと言われています。たくさんの応募者の中から数名の中に選んでもらうためには、自身の考え方を明確にしておくことが大切です。かといって、柔軟性も持ち合わせておかないと、いざ面接を受けた時の質疑応答に的確に答えることができなくなってしまいます。そこで上手に活用していきたいのが、転職エージェントです。

転職エージェントでは、人気のある研究職の求人が多数寄せられています。もちろん、この中のすべてと言うわけにはいきませんが、自身の希望や条件に沿った、またより近い求人を見つけることができます。無料の登録を済ませることで、プロのコーディネーターがしっかりとサポートしてくれますから、研究職の募集先として人気の高い製薬メーカーの採用をモノにすることができる可能性がグンと高まるのです。一般的には出回ることがない製薬メーカーの求人なども転職エージェントを通じて応募がかかることもあるため、無料登録して損をすることはありません。

薬剤師の研究職求人も多数!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 薬剤師研究職求人ガイド All Rights Reserved.