公務員の薬剤師研究職の求人は?

薬剤部長求人TOP >> FAQ >> 公務員の薬剤師研究職の求人は?

公務員の薬剤師研究職の求人は?

薬剤師と言うと、一般的なイメージとしてもそうですが、大半の求人は調剤薬局やドラッグストアとなります。しかしながら、国家公務員として、また地方公務員として働いている薬剤師の方もいます。国家公務員として活動している薬剤師の方の仕事というのは、厚生労働省などで法律を作る業務や薬事に関わる仕事を行うのが主となります。また、地方公務員として働いている薬剤師の方は、各都道府県にある本庁において、保険及び医療行政に携わる仕事を主としています。

どちらも公務員ということから、仕事も安定しており人気のある業種の一つとなっていますが、残念ながら誰でもできると言うわけではありません。国家公務員として働くためには国家1種、国家2種の試験を受け合格しなければいけません。もちろん、地方公務員も都道府県などにおいて人事委員会が行っている試験に合格することができなければ、地方公務員の薬剤師として働くことはできないのです。ちなみに、国家公務員となると、薬剤師の資格を持っている者が麻薬取締官として活躍したり、地方公務員でも麻薬取締員として活動することもあるといいます。ただし、国家公務員になるには薬剤師免許が必ず必要かと言うと、実際にはそうではありません。しかしながら、地方公務員の場合は薬学職として働くためには薬剤師の資格がなくてはいけませんので、いずれにしても、薬剤師の資格があった方が、公務員を目指すのなら有利に進められるでしょう。

また、公務員として採用してもらうためには、先ほども述べた人事委員会による公務員試験に合格すること以外にもうひとつ採用してもらなくてはいけないことがあります。それは、任命権者といって知事部局や教育局、警察本部等の人事担当かによる試験を受け合格した者だけが晴れて公務員として活動していくことができます。もちろん、採用されてすぐに希望している部署に配属されるとは限りません。どちらかといえば、採用された初年度から希望する部署に配属されることはまずないと言えるでしょう。そして、各都道府県において薬剤師が公務員として採用されるのは、平均して5名程度とされています。つまり、試験には合格できたとしても採用してもらえる可能性はかなり少ないのです。もちろん、公務員の採用試験が毎年出るとも限らないですし、求人数も各都道府県において変わってきますので、採用してもらうこと自体、狭き門であると言うのが現実かもしれません。

薬剤師の研究職求人も多数!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 薬剤師研究職求人ガイド All Rights Reserved.