薬剤師研究職のやりがいは?

薬剤部長求人TOP >> FAQ >> 薬剤師研究職のやりがいは?

薬剤師研究職のやりがいは?

薬剤師の仕事にやりがいを感じていますか。薬剤師と一口にいっても、様々な分野で活躍されています。その中でも研究職というのは薬剤師の憧れの分野でもありますが、なぜ、多くの薬剤師は薬を調合する調剤ではなく薬の研究などを行う研究職に憧れを抱くのでしょうか。研究職にはどんなやりがいがあるのでしょうか。どんな仕事にも、向き不向きはあります。もちろん、同じ薬剤師と言う資格を持っていたとしてもです。

ただ、研究職というのは調剤薬局やドラッグストアなどの調剤を行っている薬剤師よりも年収は高い傾向にあります。しかも、土日祝日は休み、年間休日も多く、それに加えて新薬を開発できる楽しさ、製品になった時の嬉しさなどは他の仕事に比べると一入です。そういった意味も含め、研究職というのはとても人気があるのですが、残念ながら誰でも研究職に就けるかといえば、実際にはそうではないのが現状なのです。

仮に薬学部の6年制を無事卒業し、その後大学院へ通い博士を取得したとしても、簡単になれる分野ではありません。そういった意味では、なりたくてもなれない、やりたいと強く願っていたとしても必ずできる仕事とは限らないわけです。ならば諦めなくてはいけないかというと、そうではありません。研究職にもいろいろな企業がありますので一概には言えませんが、未経験やブランクがある方でも有望な人材であれば、積極的に採用している企業も多いからです。しかし、一般的な方法で研究職の求人は出てくることはありません。転職エージェントを通じて、募集がかかることが大半であるということを踏まえると、転職エージェントを上手に活用することで、憧れだった研究職の仕事、なかなか採用されないと言われている研究職の仕事に就くことができる可能性が高くなるのです。

やりがいのある仕事だからこそ、採用枠が少ないからといって諦めてはいけません。転職エージェントなら、自分の希望や条件により近い職場を、プロのコーディネーターが手となり足となり代わりに探してくれます。また、転職エージェントには条件の良い求人がとてもたくさん集まることから、希望や条件を大幅に妥協することなく、転職や就職をすることが可能になるのです。人気があるが故、なかなか登場することがない研究職の仕事ですが、転職エージェントには全国各地から様々な研究の仕事の求人が集まります。ですから、見つけられなかった仕事も、転職エージェントを通じることで見つけられる可能性もグンと高まるのです。

薬剤師の研究職求人も多数!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 対応エリア
リクナビ薬剤師 ★★★★★ 全国




Copyright (C) 2015-2017 薬剤師研究職求人ガイド All Rights Reserved.